農を勧めんとして農業興らず

 ゆえに今、一国の政治上よりして天下の形成を観察したらば、所望に応ぜざるものも、はなはだ多からん。農を勧めんとして農業興らず、工商を導かんとして景気ふるわず、あるいは人心|頑冥固陋《がんめいころう》に偏し、また、あるいは活溌軽躁に流るる等にて、これを見て堪え難きは、医師が患者の劇痛を見てこれを救わん...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:14 pm  

社会の気風

 ゆえに社会の気風は家人を教え朋友を教え、また学校を教うるものにして、この点より見れば天下は一場の大学校にして、諸学校の学校というも可なり。この大学校中に生々する人の心の変化進歩するの様を見るに、決して急劇なるものに非ず。たとえば我が日本にて古来、足利の末葉、戦国の世にいたるまで、文字の教育はまった...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:13 pm  

教育の効は緩慢なり

 政治は人の肉体を制するものにして、教育はその心を養うものなり。ゆえに政治の働は急劇にして、教育の効は緩慢なり。例えば一国に農業を興さんとし商売を盛ならしめんとし、あるいは海国にして航海の術を勉めしめんとするときは、その政府において自から奨励の法あり。けだし農なり商なり、また航海なり、人生の肉体に属...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:12 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0128 sec.

http://aboutsecuritycamera.com/