マルクス主義文學

[#7字下げ]二[#「二」は中見出し]

 プロレタリアの勝利のために貢獻するということが、マルクス主義文學の評價の基礎とならねばならぬことは上述の説明によりて明かになつたと思うが、マルクス主義文學も、文學である以上それだけでは不十分である。共産黨宣言が最もすぐれた藝術品であるとは言えないからである...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:09 pm  

藝術作品の價値

 マルクス主義は一の世界觀ではあるけれども、最もさしせまつた目的としては、組織されたプロレタリアによるブルジョア政權の奪取という政治の一點に、プロレタリアの凡ての力が集中されることを要求する。だから文學、藝術もこの政治的目的を達するための手段とされねばならぬのである。文學作品は、この視角から見たとき...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:08 pm  

マルクス主義文學理論

 この二つの見方は、最近、マルクス主義文學理論と正統派文學理論とを尖鋭に對立させたのみでなく、マルクス主義文學理論の陣營内に於ても意見の分裂を生ぜしめている問題の焦點である。他の藝術の場合はしばらくおいて、文藝作品の評價の基準についての最近の諸議論は、悉くこの問題を中心としてまき起されているように思...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:01 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0116 sec.

http://aboutsecuritycamera.com/