藝術作品の價値

 マルクス主義は一の世界觀ではあるけれども、最もさしせまつた目的としては、組織されたプロレタリアによるブルジョア政權の奪取という政治の一點に、プロレタリアの凡ての力が集中されることを要求する。だから文學、藝術もこの政治的目的を達するための手段とされねばならぬのである。文學作品は、この視角から見たとき、直接間接の宣傳もしくは煽動《せんどう》の手段としてしか意味がない。これは、政治的に全く正しい解釋である。だから、マルクス主義政黨の藝術に關するプログラムに於て、藝術作品の價値は、それがプロレタリアの勝利に貢獻する程度の大小によつて評價されねばならぬと規定されることは甚だ當然である。そして、黨は、黨員たる作家や批評家に、その趣旨を傳達し、また命令することも當然である。藝術は手段ではないとか、文學は宣傳の道具ではないとかいうことを、藝術や文學の立場から絶叫したつて無益である。プロレタリアの解放、勝利ということが絶對だからである。 マルクス主義批評家にとつての作品評價の根本規準は、それ故に純然たる政治的規準である。マルクス主義作家及び批評家はまずこの規準を認めなければならない。彼がどんなにすぐれた批評家や作家であつても、この根本規準を拒絶する刹那に、彼はマルクス主義作家でも批評家でもなくなる。何となれば、彼は藝術家であり、批評家である以前にマルクス主義者でなければならぬからである。藝術的價値は、彼にとつては政治的必要に從屬せしめられねばならぬからである。 實際の作品、たとえばチェホフの作品を例にとろう。チェホフがすぐれた作家であつたことはほとんど異論のない事實である。だが彼の作品は、革命の擁護という政治的必要からは、好ましからぬ作品であるかも知れぬ。若しそうである場合には、彼の劇がマルクス主義批評家によつて手嚴しく批難され、その上演がプロレタリア國家權力によつて禁止されることはあり得る。そしてこの禁止は、政治的に全く正當である。だが、この政治的形勢の變化によりて、國家權力の命令や、政黨の決議によつて、チェホフの作品の藝術的價値が、一夜のうちに消えてなくなつてしまうであろうか? 否! と私は答える。また誰だつてそう答えざるを得ないと私は考える。チェホフの作品でなしに、たとえば、ボオドレエル若しくはエドガア・アラン・ポオの作品を例にとろう。これ等の人々の作品は、プロレタリアの勝利に貢獻するような何物をももつていないことは誰しも異存のないところである。それどころか、これ等の人々の作品には、一般に人類の幸福をおしすすめる拍車となるようなものすら何一つ見當らぬ。それにも拘らず、これ等の作家は、藝術的に何等價値のない作家であるといわれるだろうか? これ等の作家によつて描かれた頽廢性《たいはいせい》、不健康性はプロレタリアの鬪爭のためには無論のこと、一般に人類の向上進歩のためにすら反效果をもつものであるのに、私たちが、それ等の作品に、多かれ少なかれ藝術的價値を認めるのは何故であろうか?

— posted by id at 05:08 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.3378 sec.

http://aboutsecuritycamera.com/