マルクス主義文學理論

 この二つの見方は、最近、マルクス主義文學理論と正統派文學理論とを尖鋭に對立させたのみでなく、マルクス主義文學理論の陣營内に於ても意見の分裂を生ぜしめている問題の焦點である。他の藝術の場合はしばらくおいて、文藝作品の評價の基準についての最近の諸議論は、悉くこの問題を中心としてまき起されているように思われる。 かような簡單な問題が、どうして、それ程多くの議論を生むに至つたかは、多くの人々には全く不思議に思われるであろうが、それにも拘らずこれは事實なのである。 私は、この不思議は、マルクス主義作家若しくは批評家は、彼がマルクス主義者であると同時に作家であり批評家であるという二重性のために存するのだと考える。マルクス主義者が文學作品を評價する基準は、あくまでも政治的、教育的の基準であり、作家若しくは批評家が文學作品を評價する基準は、藝術的基準である。この二つの基準を調節し、統一しようという試みに於てマルクス主義批評家若しくは作家の、新しい努力が生れ、そこにさまざまな意見の分裂が生れたのである。大衆文學の問題の如きもその一つのあらわれに過ぎない。 マルクス主義は、單なる政治學説でも、經濟學説でもなくて一の世界觀である。若しそういう言葉を用いてもよいならば一の哲學である。從つて、それは、人間界の凡《あら》ゆる現象に對して、統一的な解釋、「見方」をもつべきものであることは無論である。だが、この「もつべきものである」ということは、現實に、完成された姿でそれを現在もつているということとはちがう。マルクス主義者の任務は、一の完成された法典を與えられて、凡《すべ》ての事象を、それに照らして判斷してゆく司法官の任務とは全く異つて、この法典を日常の鬪爭を通じて自らつくつてゆくことであるのである。文藝作品の評價というような問題については、無論私たちはまだ「原理はもうできあがった。あとはその應用のみである」という風な完全な法典を現在與えられておらぬし、また未來永劫そういうものの與えられる氣遣いはないであろう。それは單に、すぐれたマルクス主義者には、もつとほかに重大な仕事があるからという理由からばかりではなくて、問題の性質上與えられ得ないのである。 ところが、ここに一群の人々がある。それ等の人々は、この政治的價値と藝術的價値とは二つの直線のように、全く重ね合わせることができると考えるのである。勝本清一郎氏はそれを「社會的價値」という名前で呼んでいる。そして社會的價値は同時に藝術的價値であり、社會的價値のほかに藝術的價値ありと思うのは一の迷妄であるとして、藝術的價値というものを全く解消してしまつた。藏原惟人《くらはらこれひと》氏も、この一元觀に關する限りに於いては勝本氏と同意見であるように思われた。[#ここから1段階小さな文字][#ここから1字下げ、折り返して2字下げ](註) 勝本氏の三田文學に於ける、及び藏原氏の朝日新聞に於ける論文をさすのであるが、いまそれを參照しているひまがないので、私の讀みちがいであつたら、兩氏にお詫びする次第であるが、私のこの論文は兩氏の議論と獨立によまれても些しも理解を妨げるものではない。[#ここで字下げ終わり][#ここで小さな文字終わり]

— posted by id at 05:01 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1628 sec.

http://aboutsecuritycamera.com/