文芸作品を批評するにあたつて

 第四に、それにも拘はらず、私は文芸作品を批評するにあたつて、私の解釈するやうな意味の純然たる政治的評価にのみたよるわけにはゆかない。このことはマルクス主義の一般的理論の真実性を認めた上でのことである。マルクス主義の真実性を認めながら、私は非マルクス主義作品のもつ魅力にも打たれる。そしてその魅力に打たれる以上はそれをありのまゝに告白するより外はない。この点が最も重要なのであるが、若し私の言つたことが真実であるならば、政治的価値と芸術的価値とは遂に「調和」し得ないと私は信ずるのである。両者を統一する芸術理論はあり得ないと信ずるのである。マルクス主義文学理論は両者の統一ではなくて、政治的価値に芸術的価値を従属せしめ、これをそのヘゲモニイのもとにおかんとするものである。両者は力で、権威で結合せしめられるのである。 若しさうであるならば、私は、現在のマルクス主義芸術理論は、一つの政策論であり、政治論であつて、芸術論と名づくべきものではないと信ずる。だから、幾分寄木細工的な感ある現在のマルクス主義芸術論を解体して、政治的部分と芸術的部分とに還元し、これを明白に規定しなほす必要があると思ふのである。もしマルクス主義芸術論が、完全な芸術論であるならば、フアシズム芸術論も、イムピリアリズム芸術論も同じ権利をもつて可能なわけである。久野豊彦氏が、マルクスの代りに、ダグラスをひつぱり出して来たことも亦当然認められねばならぬ。そして芸術の評価は、芸術と関係の少ない、千差万別の尺度をもつて行はれねばならないことになる。だが芸術評価の尺度が観音様の手のやうに沢山あるといふことは、芸術作品の評価が不可能だといふことゝかはりがない。 これに反して、マルクス主義者は、政治的尺度によりて芸術作品の対社会、対大衆的効果を評価するのであるとすれば、この問題は至極簡単明瞭に解ける。これは政策論である。だが、人類の幸福のための政策論を、芸術の名によつて拒むことはできない。 これを要するに、マルクス主義芸術運動は、芸術に関する定義の塗りかへや、芸術的価値と政治的価値との機械的混合によりて行はれるわけには決してゆかない。それは飽くまでも政治のヘゲモニイのもとに行はれる運動であり、政治によりて芸術を支配する運動である。この関係は政治と芸術との弁証法的統一といふやうなあいまいな言葉で説明してうつちやつておくべきものではない。先づ一応両者を区別し、それを当然さうであるべき関係におかねばならぬ。 従つて、マルクス主義文学は――少なくもプロレタリアの勝利のために貢献するといふ意味に於けるマルクス主義文学は――一定の時期において、その特殊性を自然に失つてしまふべきものであることは自然の理である。そのためにマルクス主義文学の価値が減弱するものでないことは、もう一度繰り返していふが、勿論であるけれど。[#地から1字上げ]〔昭和四年三月「新潮」〕

— posted by id at 04:59 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2604 sec.

http://aboutsecuritycamera.com/