政治的原理

 このことは多くの実際問題に関連してゐる。たとへば、政治的原理と芸術的原理とを同じ平面に並べて、双方に同じ価値をもたせようと企てるとき、そこに折衷的理論が生れる。ある作家の或る作品は、闘争的精神も、階級的イデオロギイも稀薄であるが、芸術品としては立派な作品であることがあり得る。だがこの場合、如何なる芸術的な価値をもつてしても、マルクス主義文学である限り、闘争的精神の欠如の埋め合せにはならぬであらう。第一義的な、根本的なものを欠いてゐる限り、それはマルクス主義文学の作品としては低く評価されねばならぬであらう。 又或るマルクス主義者、たとへばトロツキーが、政治的には全く価値のない詩をつくつたとする。河上肇博士が、花か虫かを見て政治と没交渉な俳句を一句詠んだとする。この場合、トロツキーや河上博士がマルクス主義者であるがために、それ等の人の作品が、すべてマルクス主義文学の作品であると考へるのは全くあやまつてゐる。況んや、或る作家が、マルクス主義的芸術団体に加盟したら、その作者の前日までの作品はすべてブルジヨア文学作品であつたのが、その翌日からとんぼ返りして、悉くマルクス主義的文学作品になるなどゝ考へるのは全く子供らしい考へかたである。マルクス主義の立場からする文学批評は、常に、先づ政治的見地からされねばならぬであらう。この意味に於いて政治的意識の弛緩は、マルクス主義文学作家にとつては致命的である。「イデオロギイはあやふやになつたけれども、技巧に於いてはすぐれて来た」といふような評語は、マルクス主義作家にとつては少しも名誉ではない。それは一つの芸術家としては、その作家が前進したことを意味するけれども、マルクス主義者としては後退したことを意味するからである。 だが問題はそれだけでつきるのではない。以上はマルクス主義作品に対するマルクス主義批評の関係について言つたのであるが、マルクス主義批評は、マルクス主義作品ではない、広く一般の文芸作品に対してどんな態度をとるべきであるか? 厳密に言へば、非マルクス主義作品の政治的価値は、マルクス主義的評価によれば零であり、反マルクス主義作品の価値は負になるわけである。たとへば「古池や蛙とびこむ水の音」という芭蕉の句は、マルクス主義的評価によれば、価値は零であると見なさねばならぬ。然るにすべての作家はマルクス主義者であるとは限らないのであり、マルクス主義の何たるかを全く解しない作家が沢山ある。

— posted by id at 04:58 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2577 sec.

http://aboutsecuritycamera.com/