議会に投げかけた最後の一声

   議会に投げかけた最後の一声

兇徒嘯集の疑獄は、三十三年の十二月、前橋地方裁判所で公判が開かれ、「官命抗拒」「治安警察法違犯」と云ふ判決であつたが、検事の控訴で、事件は東京控訴院へ移された。政治界には、伊藤博文が自由党を基礎に官僚を率《ひき》ゐて、三十三年九月、政友会を組織したので、山県は直に伊藤を推薦して、辞表を提出し、十月伊藤を首相とする政友会内閣が出来た。第十五議会、田中正造に取つて最後の議会が開かれた。この議会に於て、彼は二度演壇に立つた。三月二十四日、最後の演説の最終の語を聴け。[#ここから1字下げ]『たゞ諸君に御訴へ申さなければならないのは、御互に人の命は明日も期し難い事で御座りまする。来る十六議会は姑く措いて、明日が計り難いのでございますから、思ふ事の要点は、どのやうにも、たとひ一言たりとも諸君に御訴へ申して置きたいのでござります。と言ふのは、当年もこの増税騒ぎ、昨年も増税騒ぎ、これでまた矢張り明年も増税、明後年もと云ふ筆法に行くのである。 諸君。このやり方で、憲法は打《ぶ》つ壊《こは》しツ放《ぱな》しにして置いて、増税、増税、増税――何処まで行つて停止するのであるか。畢竟この日本の……………………御仕合せな話である。若しこの国民が八釜《やかま》しい人民であるならば、……………は無いのである。――この話をして置かなければならない。 今日の如く、少数の人間が、僅かの人間が格外なる幸福を占有して、乱暴狼藉に人の財産を打倒して、己が非常な利慾を私すると云ふことを、……………に結托して、その勢を助けてやる。この少数、穏かならぬ少数の為に国家の経済を蹂躙されると云ふことでは、この国家全体の元気と云ふものを失ひ、日本国と云ふ国の肩書を軽んじて来る。この少数の佞奸《ねいかん》邪智の奴ばかりに横領されて、一般人民を圧倒して置く時には、日本の所有権と云ふものを、これを共に重んずる思想が減じて来る。この日本の住民が、政府に……だから幸だと言つて、殆ど人民を無き者の如くに見て、幾ら悪い事をしても知れまい。どんな事しても人民の方には判るまい――斯様《こんな》浅墓《あさはか》な考を以て、当年も増税、明年も増税、諸君は止まる所を何となさるのでござりまするか』[#ここで字下げ終わり]

— posted by id at 10:06 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1821 sec.

http://aboutsecuritycamera.com/