十一月のある日のこと

 十一月のある日のこと、もう日のくれに、見知らない一人の男がかきねの前に立ち止まった。そのときわたしは、門口《かどぐち》でそだを折《お》っていた。中にはいろうともしないで、かきねの上からぬっと頭を出してのぞきながら、その男はわたしに、「バルブレンのおっかあのうちはここかね」とたずねた。 わたしは、「おはいんなさい」と言った。 男は門《かど》の戸をきいきい言わせながらはいって来て、のっそり、うちの前につっ立った。 こんなよごれくさった男を見たことがなかった。なにしろ、頭のてっぺんから足のつま先まで板を張《は》ったようにどろをかぶっていた。それも半分まだかわききらずにいた。よほど長いあいだ、悪い道をやって来たにちがいない。 話し声を聞いて、バルブレンのおっかあはかけだして来た。そして、この男がしきいに足をかけようとするところへ、ひょっこり顔を出した。「パリからことづかって来たが」と男は言った。 それはごくなんでもないことばだったし、もうこれまでも何べんとなく、それこそ耳にたこ[#「たこ」に傍点]のできるほど聞き慣《な》れたものだったが、どうもそれが『ご亭主《ていしゅ》はたっしゃでいるよ。相変《あいか》わらずかせいでいるよ』という、いつものことばとは、なんだかちがっていた。「おやおや。ジェロームがどうかしましたね」 と、おっかあは両手をもみながら声を立てた。「ああ、ああ、どうもとんだことでね。ご亭主《ていしゅ》はけがをしてね。だが気を落としなさんなよ。けがはけがだが命には別状《べつじょう》がない。だが、かたわぐらいにはなるかもしれない。いまのところ病院にはいっている。わたしはちょうど病室でとなり合わせて、今度国へ帰るについて、ついでにこれだけの事をことづけてくれとたのまれたのさ。ところで、ゆっくりしてはいられない。まだこれから三里(約十二キロ)も歩かなくてはならないし、もうおそくもなっているからね」 でもおっかあは、もっとくわしい話が開きたいので、ぜひ夕飯《ゆうはん》を食べて行くようにと言ってたのんだ。道は悪いし、森の中にはおおかみが出るといううわさもある。あしたの朝立つことにしたほうがいい。

— posted by id at 06:23 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2515 sec.

http://aboutsecuritycamera.com/