「猿の冒険」

 ゾシチェンコは昔からいつもいかがわしい、清潔でない、裏のぞきふうな曝露を盛った作家であった。「猿の冒険」でゾシチェンコがその猿に経験させたスキャンダルはだいたい想像される。レーニングラードの市民たちは、はじめ求めていた快活な爽やかなハァハァ笑いから、いつしかゾシチェンコごのみの、ゲラゲラ笑い、ヒヒ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:19 pm  

すべてのアクティヴな作家

 すべてのアクティヴな作家は、前線に、また前線に近い銃後に赴いて、彼らの文学的記録・通信を送っていた。十数年前には、モスクワの細長い書斎で、日本から来た女を前におきながら、私は退屈してしまったわ、曲芸《チュルク》も見あきたし……というようなことをいっていたベラ・イムベルでさえも、包囲されたレーニング...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:18 pm  

ソヴェト市民の一部

 ゾシチェンコやアフマートヴァが、それなら、どうしてソヴェト市民の一部に好かれたのだろう。ちょうど第一次五ヵ年計画のはじまる前後、一九二〇年代の後半、私がモスクワにいた時分、エセーニンの詩が一部に愛好されていた。エセーニンは、さまざまの問題はあろうとも、詩というものをつくった詩人であったことは疑いな...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:17 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0113 sec.

http://aboutsecuritycamera.com/